廃車 無料

永久抹消登録とは

永久抹消登録とは、車を使用済み車両として解体(廃棄)したことを届出ることです。
廃車=スクラップというイメージに一番近いと思います。再び登録することはできません。
この手続きには自動車リサイクル券が必要です。
2005年以降の購入車・2005〜8年1月中に継続車検を受けていれば交付済みです。
交付を受けていない場合、リサイクル料金を預託する必要があります。

 

車体の解体は認可業者のみ行うことができます。
業者に車体を引き渡した時点で、ナンバープレートと使用済自動車引取証明書を受取ります。
使用済自動車引取証明書は自動車リサイクル券の下半分で、解体の履歴の照会にも使用できます。
車体の解体が完了すれば(連絡があります)15日以内に手続きをします。

 

一般的に永久抹消登録が完了した翌日を、確定日と呼びます。

  • 確定日から年度末まで1ヶ月(30日)以上あれば、自動車税が還付されます。(軽自動車は除く)
  • 確定日から車検有効期間まで1ヶ月(30日)以上あれば、自動車重量税が還付されます。
  • 確定日から保険満了期間まで1ヶ月以上あれば、保険料の返戻を受けられます。

詳しくは廃車無料のカラクリをご覧下さい。

永久抹消登録に必要な書類

必要書類

説明
自動車検査証 車検証のことです
ナンバープレート 前後2枚が必要です
自動車税納税証明書 毎年5月末までに納付する税金の証明書
印鑑証明書と実印 3ヶ月以内に発行したもの
自動車リサイクル券

使用済自動車引取証明書を兼ねます
2005〜8年1月までに継続車検を受けていない場合は自動車リサイクル料金を預託して交付を受ける必要があります

永久抹消登録申請書

運輸支局で購入できます
解体に係る移動報告番号や買いたい報告記録日などを記入

手数料納付書と印紙 納付書は無料(印紙も不要の場合有)
振込先口座情報 車検が30日以上残っている場合自動車重量税の還付先を記入
自動車税申告書 永久抹消登録申請書受理後、自動車税事務所に提出
※住民票

印鑑証明書と自動車検査証の住所が異なっている場合
3ヶ月以内に発行したもの

※戸籍謄本

印鑑証明書と自動車検査証の姓名が異なっている場合
2回以上転居をした場合 3ヶ月以内に発行したもの

※譲渡証明書と委任状 業者に委託もしくは買取の場合

 

 

以上をそろえて届出し、登録事項証明書を受取れば手続きは完了です。

実質無料で廃車するなら

ズバット車買取比較の
【無料一括査定】がオススメ

その理由は
  • 最大10社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 1回だけのカンタン入力!
  • 事故車・不動車にも対応

査定申込みはコチラ  ズバット車買取比較

廃車無料のカラクリはコチラ


 コチラのフォームからもズバット車買取比較の査定申込みができます

自動車の永久抹消登録関連ページ

一時抹消登録
自動車の一時抹消登録に関する情報です
解体の届出
自動車の解体の届出についての情報です
自動車リサイクル券
自動車リサイクル券ついての情報です