廃車 無料

廃車査定を少しでも高くするには

廃車査定を少しでも高くしてもらうには、どうすればいいのでしょうか。
有利な査定額を引き出すには、それなりのテクニックも必要です。

 

一般的な中古車査定なら、オプションなどをアピールするのもいいでしょう。
一例では、アルミホイールなどの社外部品やタイヤの山、カーナビなどがあります。
次のオーナーに高く売れるポイントを、査定アップにつなげることが可能です。

 

肝心なのは、廃車査定であるということです。
次に利用されるのは、部品である可能性が高いと思われます。
事故車や不動車なら、その可能性は限りなく100%でしょう。

 

中古車として販売される可能性も低くはないと思います。
車の査定は、中古自動車買取基準に準じて行われます。
これは、(財)日本自動車査定協会が設定した基準です。
年ものでいうと、10年またはそれ以上ま走行距離の設定があります。
ということは、それほど古くても中古車査定の土俵に乗れるということです。

 

同協会では、月ごとに中古車の平均流通価格を公表します。
車種・年式ごとに、基本となる買取価格の指標を提示しています。
この価格を基本として、買取業者は独自の査定基準価格を設定します。

 

廃車査定を有利にするテクニック

廃車査定の場合、基本的なスタンスは「いい意味で足元を見られている」と思うことです。
逆に言えば、思い通りにならなくてもこれ以上は安くならないということです。
「この部品は再利用できますよね」とか「このホイールだけでも高く売れますか」など、
さりげなく聞いてみるといいでしょう。
あくまで会話の中で「さりげなく」というのがポイントですが、マイナスにはなりません。
あとはコチラのような業者選びをするだけです。

 

また査定では、印象や心証も大切です。
車の中の不要なものは、取出しておいたほうがいいと思います。
査定の項目は、トランク内やスペアタイヤ・工具などにも及びます。
すぐにチェックできるように配慮しておくと、印象が良くなります。

 

同様に外装・内装をきれいに清掃・洗車しておくのも基本です。
車を傷めない範囲で、シールなどもはがしておくと減点されません。
なにより、きれいな車は大切に乗られていたという印象を与えることができます。

 

基準があるとはいえ、最終的に判断するのは査定士です。
機械が判定するのではなく、人間が判断するということを忘れてはならないでしょう。

オプションや社外部品はどうする?

オプションパーツや社外部品はどうすればいいのか。
これは、中古車査定にも共通することです。
結論から言うと、「満足するお金が残るなら外しても良い」です。

  • アルミホイールやタイヤなど

  一番自力で外しやすいパーツです。純正が残っていれば部品売りも可能です。
  ただオークションなどでは送料の問題もあり、知合いに売る場合は高額にはしずらいでしょう。

  • カーナビやオーディオ

  インダッシュ(ダッシュボードの中)の場合、取外しが難しい場合があります。
  カーナビの場合はGPSなどいろいろな部品がありなおさらです。
  工賃をかけて取外し、取付工賃の分まで値切られる可能性があります。

  • ETC車載器

  取外しを検討するまでもない、典型的な部品です。
  違う車両に取付けた場合に必要なセットアップは、指定業者しかできません。
  自分で再利用する場合以外は、メリットがありません。
  新規キャンペーンなどで購入したほうが、メリットが多いことがほとんどなので。

 

このように考えると、オプションや社外部品はそのままの方が有利なのかもしれません。
交換前の純正部品があるなら、それも見てもらうというのはアピールできます。

 

 【無料】 ズバット車買取比較で最高値を確認してみる

実質無料で廃車するなら

ズバット車買取比較の
【無料一括査定】がオススメ

その理由は
  • 最大10社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 1回だけのカンタン入力!
  • 事故車・不動車にも対応

査定申込みはコチラ  ズバット車買取比較

廃車無料のカラクリはコチラ


 コチラのフォームからもズバット車買取比較の査定申込みができます

廃車査定を有利にするテクニック関連ページ

お得な廃車サービスとは
廃車を引き取り無料などお得な条件で行ってくれる業者やサービスの情報です。複数の業者の査定を比較することで、一番お得に廃車を行う方法がみつかります。
事故車専門の廃車サービス
事故車専門の廃車買取サービスの情報です。事故車に特化した買取ネットワークは、修理にお金がかかる車でも対応してくれます。
動かない車の廃車
動かない車はすぐにでも廃車して税金などがこないようにしたいものです。不動車・水没車・盗難被害車の廃車に関する情報です。
ローンが残っている車の廃車
ローンが残っている車の廃車についての情報です。 廃車を行うためには、所有者本人か委任者でなければ手続きを申請できません。