廃車 無料

ローンが残っている車の廃車

ローンが残っている車の場合、そのままでは廃車手続きは行えません。
車検証を見るとわかりますが、車の使用者は確かにあなたの名前になっているはずです。
車の所有者の欄を見ると、信販会社やカーディーラーになっていると思います。
廃車にしろ譲渡(移転登録)にしろ、申請できるのは所有者もしくはその委任者です。
銀行系ローンなど所有権留保がない場合、所有者はあなたの名前ですから申請は可能です。

 

ローンの残りを一括返済できる場合

信販会社に連絡して一括返済の手続きをしましょう。
可能な一括返済予定日を設定し、手続きの書類が送られてきます。
これは銀行引き落とし(通常の返済)を利用する場合です。
処理を急ぎたい場合は、振込などの利用を相談することもできます。

 

一括返済後に「所有権解除のお知らせ」といった書類が届きます。
この書類の指示通りに必要書類を提出すれば、所有者があなたに変更できます。
廃車や譲渡の場合、手続きと同時に行うことができる場合もあります。

 

ローンの一括返済が困難な場合

基本的には廃車はできません。
ただし、別のローンに乗り換えることが可能であれば車に関しては所有権を移せます。
まずは信販会社に相談してみると良いでしょう。

 

買取業者によっては、ローン残高の精算も含めて査定の対応をしてくれます。
全ての業者が対応しているわけではないので、複数の業者に問い合わせる必要があります。
ズバット車買取比較の一括査定申込みなら、最大10社に査定の一括依頼ができます。
個別連絡時に「ローンが残っていますが対応可能ですか」と確認すれば確実です。
ほとんどの有名中古車買取業者は、ローンの組換えなどに対応してくれます。

 

まずは相談  ズバット車買取比較はコチラ

 

どうしても廃車ができない場合

あまりないケースですが、自動車税を払わないですむ方法はあります。
車を盗まれた場合などに、運輸支局の自動車税事務所で自動車税の免税を申請できます。
認可業者の解体証明書が必要ですので、解体はしてもらわないと申請できません。

 

所有権移転のみまだの場合

ローンは完済しているのに所有権解除をしていなかった、というのはよくあることです。
所有権の移転には車庫証明などの書類も必要で、後回しになっていることが多いです。

 

ローンを完済すると、所有権は所有権留保会社というところに移るのが一般的です。
これは信販会社などが万が一倒産しても、あなたの車の所有権を守るためです。
「所有権解除のお知らせ」という書類は、所有権留保会社から送られてくるのが一般的です。

 

所有権解除の書類を失くしてしまった場合、まずは信販会社に相談しましょう。
本人確認の資料などが必要ですが、譲渡証明書や委任状を発行してもらえます。

 

実質無料で廃車するなら

ズバット車買取比較の
【無料一括査定】がオススメ

その理由は
  • 最大10社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 1回だけのカンタン入力!
  • 事故車・不動車にも対応

査定申込みはコチラ  ズバット車買取比較

廃車無料のカラクリはコチラ


 コチラのフォームからもズバット車買取比較の査定申込みができます

ローンが残っている車の廃車関連ページ

お得な廃車サービスとは
廃車を引き取り無料などお得な条件で行ってくれる業者やサービスの情報です。複数の業者の査定を比較することで、一番お得に廃車を行う方法がみつかります。
事故車専門の廃車サービス
事故車専門の廃車買取サービスの情報です。事故車に特化した買取ネットワークは、修理にお金がかかる車でも対応してくれます。
動かない車の廃車
動かない車はすぐにでも廃車して税金などがこないようにしたいものです。不動車・水没車・盗難被害車の廃車に関する情報です。
廃車査定を有利にするテクニック
廃車査定を少しでも高く、有利にするテクニックです。オプションや社外部品をさりげなくアピールしてみましょう。